マインド

【必見】円滑なコミュニケーションにするためのソーシャルスタイル理論【あなたは何タイプ?】

2020年2月6日

ソーシャルスタイル理論ー円滑なコミュニケーションのためにー

対人関係を楽にするソーシャルスタイル理論

あなたはお仕事や友人関係でコミュニケーションのとり方に困ったことはありませんか?
せっかく細かく説明したのに全然覚えない。
ニュアンスで通じていると思ったのに全然通じていない。
そういうことは往々にしてあるかと思います。

では、なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

ソーシャルスタイル理論では人間を4タイプに分ける

そーしゃるすたいる理論?なんだか難しそう
チュー太郎
ヒサノリ
そんなことないよ!身の回りには色々な性格の人がいるよね?そういうのを4つのタイプに分けた理論なんだ

ソーシャルスタイル理論は1968年アメリカの産業心理学者デビッド・メリル氏が提唱した理論。
コミュニケーションのとり方を4つに分けて分析した方法です。

意見を主張するか、感情的かという2軸でマトリックスを作ります。
それぞれを分けた所にあるのが下記の4タイプです。

ソーシャルスタイル理論4タイプ

エミアブルタイプ(感情_高 自己主張_少)

エクスプレッシブタイプ(感情_高 自己主張_多)

アナリティカルタイプ(感情_低 自己主張_少)

ドライビングタイプ(感情_低 自己主張_多)

 

ソーシャルスタイル理論

 

エミアブルタイプ

感情_高 自己主張_少

他人の意見をしっかり聞いて(自己主張しない)、自分の感情を出すタイプです。
周りからはいい人と見られることが多いです。

他人の話に親身になってしっかりとアドバイスをしてくれます。
自分が褒められるよりも他人が褒められる方が嬉しいタイプです。
サポータータイプとも呼ばれます。

エミアブルタイプについての記事はこちらから

縁の下の力持ち!エミアブルタイプってどんな人?

続きを見る

エクスプレッシブタイプ

感情_高 自己主張_多

感情的かつ、自己主張の多いタイプです。
みんなから注目されたい目立ちたがり屋さん。
明るくて友人も多くコミュニーケーション能力に長けています。

組織を引っ張るリーダーに多いタイプですね。

ただし、全体の方向性はえいやっ!と決められますが、細かいことが苦手。
アナリティカルタイプの人が近くでフォローしてあげると良いです。

▼エクスプレッシブタイプについての記事はこちら▼

騒ぐの大好き!?これで分かるエクスプレッシブタイプとの付き合い方とは

続きを見る

アナリティカルタイプ

感情_低 自己主張_少

感情も少なく、自己主張も少ないタイプ
他人から見ると何を考えているのか分からない人たちです。

でも実はしっかりと考えていて、自分なりの意見をしっかりと持っているのです。
筋道を通して考えているので、非常に重要な意見を持っていたりします。

周囲の人はアナリティカルタイプの人の意見をうまく聞き出すようにすると良いです。

▼アナリティカルタイプについての記事はこちら▼

常に分析中!?アナリティカルタイプの特徴とは?

続きを見る

ドライビングタイプ

感情_低 自己主張_多

感情は抑えて意見は主張します。
成果主義者です。何が何でも目標は達成しようとします。

結果が全ての完璧主義者。
コントローラー(支配者)タイプとも言われます。

上司がこのタイプだと独裁的になるケースもあります。

▼ドライビングタイプについての記事はこちら▼

現代の戦士?ドライバータイプの特徴とは?これさえ見れば付き合い方がわかる!

続きを見る

ヒサノリ
ソーシャルスタイル理論では4つの属性に分けられるんだ。
ちなみに僕はアナリティカルタイプだよ。

それぞれの付き合い方

これら4つのタイプを分けただけでは意味がありません。
ある程度相手がどの属性かがわかれば上手な付き合い方もわかってきます。

エミアブルタイプの付き合い方

エミアブルタイプは自分のことよりも周りの人たちを大切にします。
本人を褒めるよりも周囲を褒めた方がモチベーションに繋がります。

 

褒め方の例

上司
・キミのおかげで上手くいったよ。いつもありがとう
プロジェクトが上手く行ったのも貴方のおかげだよ。助かった!
〇〇さんのチームはいつもいい雰囲気だね!

また、このタイプは若干優柔不断なところがあります。
そのため、こちらからリードしてあげたほうが良いでしょう。

エクスプレッシブタイプの付き合い方

プロセスよりも結果に重きを置きます。
そのため、結果に対して褒めたほうが良いでしょう。
コミュニケーション能力が高く、盛り上げ上手です。
楽観的な考え方の持ち主が多いです。

褒め方の例

上司
さすが〇〇さん!
すごいね
・今月も期待してるよ

素直に受け取ってくれる人が多いので、そのまま褒めればしっかりと受け取ってくれます。

アナリティカルタイプの付き合い方

アナリティカルタイプは結果よりもプロセスを大切にします。
褒める場合は、結果よりもプロセスを褒めたほうが良いでしょう。
ウィークポイントは考えすぎてしまうため、行動が遅くなりがちです。

褒め方の例

上司
・〇〇さんはよく勉強している
・キミの知識にはいつも助けられているよ!
・貴方のあの時の××が良かった

曖昧に褒めるのではなく、具体的な行動を褒めましょう。

ドライビングタイプの付き合い方

付き合うのが一番難しいタイプです。
結果重視のため、結果を褒めればいいと思われがち。
でもドライビングタイプにとっては出来て当たり前。
無難な褒め方をするぐらいなら褒めないほうがいいです。

プライドが高いので、プライドをくすぐるような褒め方がいいでしょう。

褒め方の例

上司
・いつもキミのおかげでチームが達成しているよ。

ドライビグタイプは褒めるのは要注意です。
プロ意識が高いので、中途半端に褒めるくらいなら褒めないほうが良いです。

ソーシャルスタイル理論で大切なこと

ソーシャルスタイル理論ではこのように人間のタイプを4つに分けて考えます。
その上で大切なことは

ソーシャルスタイル理論の活用で重要なこと

自分がどのタイプか認知する
相手に合わせて使い分ける
人は役割によってソーシャルスタイルが変わる

ということです。

次の項目で説明していきます。

自分がどのタイプが認識すること

まずは自分がどのソーシャルスタイルなのかを理解することが重要です。
無意識に思っていた考え方のクセであったり、周りにどう思われているのかを知ることが出来ます。
そういう思考のクセを理解することにより、俯瞰的に見ることが可能になります。

なお、自分のソーシャルスタイルは下記のリンクからは調べることができます。

http://kazupc.com/s-style/

相手を知るということ

先程ソーシャルスタイル別の付き合い方を説明しました。
まずは相手がどのソーシャルスタイルなのかを知ることは重要です。

例えば、口説きたい人がエミアブルタイプだったらどうしますか?
ご説明したとおり、エミアブルタイプは優柔不断な側面を持っています。
そのため、あなたがどんどんリードしていく必要がありますね。

ビジネスでもそうです。
相手がエミアブルであれば、自分から積極的に提案をしていったほうがいいでしょう。

役割によってソーシャルスタイルが変わる

人は、複数の顔を持ちます。例えばこんな感じです。

人間が持つ複数の顔

会社員としての顔
親としての顔
夫(妻)としての顔
友人としての顔
部下としての顔
上司としての顔

このように、一人の人間でも様々な顔を持っています。

人間はこれらの中で自分のソーシャルスタイルを無意識に使い分けています。
例えば、家では威張り散らすけど、会社ではおとなしいとか。
なので、この人はエミアブルタイプ!と思っていても、
家庭ではドライビングタイプということもありえます。

まとめ

今回はソーシャルスタイル理論について解説しました。
こちらでは4タイプ記載しましたが、どれが優れていて、どれが悪いということではないです。
あくまでも人の考え方の部分だけです。

また、同じタイプの中でも濃度は変わってきます。
分析のたびにアナリティカルタイプになったりエミアブルタイプになったりすることもあります。
ちょっとだけドライバータイプの人もいればドライバータイプに振り切ってしまっている人もいます。

あくまでも性質の話ですので、この分析を活かして日常生活に役立ててほしいです。

最後までお読み頂きありがとうございました。

-マインド
-,

Copyright© キャリア20's , 2020 All Rights Reserved.