ブログ

【比較】4社のレンタルサーバを調査 これからブログを始める人におすすめのサーバは?

2020年5月16日

こんな方におすすめ

  • これからブログを始めたい人
  • サーバ移行を考えている人



私はコーポレートサイトも含めて、
4サイト運用をしています。

その中で実際に使ったサービスを
比較しました。

ヒサノリ
Web制作会社で勤務しています。
副業などでも4サイトの立ち上げに携わっています。

サーバー会社4社比較

まずは性能面での比較です。
今回の対象は

調査対象のサーバー

エックスサーバー X10プラン
ロリポップ! スタンダードプラン
mixhost スタンダードプラン
ConoHa WING ベーシックプラン

 

サーバ機能比較表

サーバー名エックスサーバーロリポップ!mixhostConoHa WING
プラン名X10スタンダードスタンダードベーシック
ディスクオールSSDHDDSSDSSD
ディスク容量200GB120GB250GB250GB
転送量目安4.5TB4.5TB4.5TB4.5TB
webサーバApache + NGINXApacheLiteSpeedApache + NGINX
独自ドメイン無制限100個無制限無制限
SSL証明書Let's EncryptLet's EncryptCOMODOLet's Encrypt
データベース50個無制限無制限60個

専門用語が多くて分かりにくいですね。
少しずつ説明していきますね。

 

ディスク

HDDもSSDも記憶装置です。
近年はSSDの容量が増えてきたため普及しています。

サイト運営者にとって最も大きなメリットは
サイトの表示速度があがるということです。

webサーバ

webサーバの代表的なものはApache(アパッチ)です。
近年はnginx(エンジンエックス)がシェアを上げてきています。
nginxは大量のアクセスを同時に処理することが可能です。

第4のサーバと言われているLiteSpeedですが、
高負荷の状態でも一定の速度を保てる安定性と
耐久性があります。

アクセス負荷では、

Apache < nginx < LiteSpeed

こんな感じでしょうか。

また、mixhostの公式サイトでは下記のように紹介されています。

LiteSpeedサーバーについて
WordPressがnginxよりも12倍、Apacheよりも84倍高速な次世代サーバー

なお、ロリポップですが、基本はApacheのみなのですが、
上位プランになるとwebサーバがLiteSpeedになります。



SSL証明書

SSLについては一般化してきましたね。
「安全なサイトだよ」とお墨付きをもらうものです。
紹介している4社には無料のSSL証明書を発行できます。

エックスサーバーロリポップ!ConoHa WINGがLet's Encrypt
mixhostがCOMODOを採用しています。

基本的には問題はないとは思うのですが、
Let's Encryptについては、3月に重大なバグが発見されました。
すでに対応はしていますが、今後の動向も気になるところ。
(バグによりLet's Encrypt製の発行済証明書の2.6%が証明書の失効になる)

詳細はQiitaの記事で説明されていらっしゃるのでご覧になってみてください。

https://qiita.com/matsumoto_sp/items/e8e035a6f27c52ee5ede

また、Comodo社のSSL証明書を取り入れているmixhostですが、
SSLの設定は何もせずに、1日ぐらい放置しておけば勝手に常時SSL化します。
http://~~をhttps://~~に打ち替えてアクセスすると、既に完了しているのです。
この手軽さには私もびっくりしました。 

ヒサノリ
mixhostのSSL設定はとってもカンタン
放っておけば勝手SSLになってるよ!

データベース

データベース(DB)はWordPress1つにつき、1個使います。
上限がある場合は、その数しかインストールできません。
とはいえ、50個、60個はなかなか個人では使わないのではないでしょうか。。

利用料金は?

先程は機能について触れました。
次は利用料金についてです。

サーバー名エックスサーバーロリポップ!mixhostConoHa WING
プラン名X10スタンダードスタンダードベーシック
初期費用3,000円1,500円無料0円
月額費用1,000円500円880円900円
トライアル期間10日間10日間30日間※なし?※

※月額費用は12ヶ月契約の場合
※トライアル期間について
mixhostは「無料トライアル」ではなく、
30日以内に解約したら全額返金保証です。

 

金額でいうとロリポップ!がダントツに安いです。
私もそれが理由でロリポップにしました。

ConoHa WINGは確認が取れませんでしたが、
タイミングによってキャンペーンで無料トライアルをやっているようです。

選ぶべきサーバー会社はここ!

エックスサーバー X10

オススメ度:

もういちどスペックのおさらいです。

エックスサーバー X10プラン

初期費用3,000円
月額利用料1,000円
初年度合計15,000円
トライアル期間10日間
ディスクオールSSD
ディスク容量200GB
webサーバApache+nginx
SSL証明書Let's Encrypt

実は2位のサーバ会社と本当に迷いました。
正直スペック自体は上位3社どこまでいいと思うぐらい
レベルが高いです。

1位の決め手は2点あります。

管理画面の操作のしやすさ

続ける上で大切なのが管理画面が使いやすいかどうか。

こちらはわたしの管理画面です。

複数のドメインを持っている場合は
ドメインを切り替えて作業をするので、
うっかり別のドメインに上書き。
「ファイルが消えてしまった!」ということを避けられます。

 

多くのブロガーが使っている

有名ブロガー含めて、多くの人がエックスサーバーを使っています。
そのため、ネットで検索すればすぐに解決方法が見つかります。

WordPressで何か問題が起きて調べたとしても、
実はサーバの問題という事が多々あります。

例えばロリポップを契約しているのに、
エックスサーバーを利用しているブロガーさんの解決方法の記事を見ても
何も解決できないのです。

なので、ユーザー数も多い、エックスサーバーをおすすめします。

エックスサーバーに申し込む

 

惜しくも2位のサーバ会社

2位はmixhostです。

こちらも性能のおさらいです。

mixhostスタンダードプラン

初期費用無料
月額利用料880円
初年度合計10,560円
トライアル期間30日間返金保証
ディスクSSD
ディスク容量250GB
webサーバLiteSpeed
SSL証明書COMODO

初期費用無料、月額利用料も880円のmixhost

1位でも良かったのですが、
今回はブログ初心者向けに選んだので、
わかりやすさでエックスサーバーを1位にしました。

慣れている方はmixhostをおすすめします。
特に良いのがSSLの設定がカンタンなところ。

そんなmixhostですが、でも、実は。。
キャンペーンを行っているんです。

絶賛キャンペーン中

なんと、1つ上位のプレミアムプランに月額+10円の890円で使えちゃうんです。

プレミアムプランのスペックです。

初期費用無料
月額利用料890円
初年度合計10,680円
トライアル期間30日間返金保証
ディスクSSD
ディスク容量350GB
webサーバLiteSpeed
転送量目安5.5TB
SSL証明書COMODO

ディスク容量が+100GB
転送目安量が+1TB

これで10円しか変わらないとうのはすごい!

わたしも別サイトをこのプランで契約しています。
ただし、そんなにアクセスは無いでしょうが。。

ヒサノリ
あと、数少ないアダルトOKのサーバなんですよ(ボソッ)

mixhostを使ってみる

まとめ

今回はこれからブログを始める人向けに
おすすめのサーバを紹介しました。

月額1,000円ぐらいの固定費にはなりますが、
コレぐらいの額であればしっかりと1年続ければ
回収できるはずです。

他にも初心者向けの記事を作れたらと思うので、
よろしくおねがいします。

関連記事:ブログ初心者によるブログ初心者のためのブログ

-ブログ
-

Copyright© キャリア20's , 2020 All Rights Reserved.