転職

【転職希望者必見】コロナウィルスの中での転職活動ってどうなの?今できる活動をお伝えします

2020年4月5日

全世界で猛威を振るうコロナウィルス。
転職活動をする方にとっては、大きな心配ですよね。

今回は最新の転職マーケットの情報をお伝えします。

コロナウィルスによる転職マーケットの状況

エン・ジャパン運営の「ミドルの転職」では、サイトを利用している転職エージェントに対して、
「感染各拡大による中途採用への影響」というアンケートを実施し、220名の回答がありました。

こちらによると、

調査結果

・「新型コロナウィルスが流行する中、半数以上が採用を継続している」
と85%のコンサルタントが回答

・現状を好機と捉えている企業が「ある」と回答したのは37%
「ベンチャー・中堅中小企業」「技術系(IT・Web・通信)」「営業系」

・求職者の応募数に「変更はない」と回答したコンサルタントは56%

エン・ジャパンの調査結果を参考(3月26日更新)

以上のように、特定の業界や企業規模などでは、コロナウィルスの感染拡大でも引き続き採用活動は行うようです。
※ただし、状況は毎日変わりますので、
状況次第で企業の捉え方も変わるので注意してくださいね。

 

転職活動に向け、今すべきこと

不要不急の外出は控えるべき

積極的に採用活動をしている企業は一定数あります。
ただし、転職活動をするには、電車に乗ったり、
多くの人と面接したりと人に会う機会が増えます。
そのため、他の人よりも感染リスクが増えます。

今はWebを使っての面談も増えてきています。
まずはそういった企業を優先的に受けていきましょう。

最近ではリモートでの打合せも増えているため、
今後、対面式ではなく、Webを使った面接も増えてくると想定されます。
今のうちにWeb面接の経験を積んでおくのも良いですね。

今の仕事で成果を上げる

今は面接を積極的に行わない会社も増えています。
そのため、この1ヶ月間は今の仕事を積極的にやってみるのはいかがでしょうか?

私も転職前1ヶ月は1日に80件のテレアポを毎日していました。
過去8年の営業経験でもしたことがない挑戦です。
結果的に月間のテレアポ件数は過去最多、全営業メンバーでも最多となりました。

この「テレアポをやりきる」という経験を通じて自信がつき、
その後の面接でも自分の経験を堂々と伝えることができました。

営業職であれば、コロナウィルスで営業が難しい状況の中で、
どのように仕事を工夫したかを伝えられると大きな武器になりますよ。

また、こういった自分の市場価値を上げることは、
エンプロイアビリティ(どこでも働ける力)を上げるということにも繋がります。
エンプロイアビリティについては、こちらの記事で解説しているので、
ぜひ読んでみて下さい!

関連記事:AI時代を生き抜く方法「エンプロイアビリティ」とは

自分の市場価値を把握する

あなたは自分の市場価値は把握していますか?
これは、社内で一番になるという意味ではありません。
あなたが他社からどのように評価されているかです。

ミイダスというサービスでは、あなたの市場価値がどの程度か調べることができます。
ミイダスの詳しい使い方はこちらの記事より確認してみて下さい。

履歴書をブラッシュアップする

この期間に自分の履歴書をブラッシュアップするというのも一つの方法です。
自己分析をしてブラッシュアップするのも大切です。

それ以上に効果的なのは第3者のアドバイスを貰うことです。
具体的には転職エージェントに登録して、履歴書を見てもらいましょう。

最近は電話面談やWeb面談を行うエージェントも増えているので、自宅で面談できます。
私が実際に登録して、アドバイスが丁寧と思うのは、リクルートエージェントです。

また、転職エージェントも人間ですので、相性があります。
申し出をすると担当を変えてもらうことは可能ですが、中々言いづらいですよね。

そういう場合には別のエージェントにも登録しておけばいいでしょう。
dodaマイナビエージェントなどがおすすめです。

個人的にもリクルートは履歴書の添削が丁寧、
マイナビは書類通過率が高いなど違いを感じました。

ご自身にあったコンサルタントに出会えるように、
しっかりと意思表示をしていきましょう!

企業分析をする

企業分析をしましょう。
「今、働いている人」「働いていた人たち」の口コミを見られるサイトが増えています。

私は転職活動中は転職会議を利用していました。
気になる会社の評判(社風や制度、給与など)がリアルに見られるので重宝していました。
自分の価値観と合わないと長く続けられませんからね。

転職活動の注意点

繰り返しになりますが、不要不急の外出は控えましょう
ご自身のお住いのエリアの指示に従ってくださいね。
こういったリスクマネジメントもビジネスでは重要です。

転職活動でコロナウィルスに感染してしまったとなると、
今の仕事にも次の仕事にも影響が出る可能性が多いです。

Web面談ができるところを優先しましょう。

まとめ

今回はコロナウィルスの中での転職活動についてお伝えしました。

過去にない状況の中での転職活動になります。
そのため、まずは自分や自分の周りを守ること
感染しない、させないを徹底してください。

メモ

・今の仕事で成果を出して自信をつけること
・自分の市場価値を知ること
・履歴書をブラッシュアップすること
・企業分析をすること
・面接するならリモートで!

まずは上記の活動をしてきましょう。
大変な状況ではありますが、転職活動がうまくいくことを願っています!

 

-転職

Copyright© キャリア20's , 2020 All Rights Reserved.