ブログ

【最新版】Googleアドセンスが403エラーで設定できない時の対処方法【ロリポップ向け】

2020年2月25日

Googleアドセンスの審査が通ったものの、広告設定難しいですよね。
私もしばらくは自動広告にしていたのですが、

ココがダメ

・ページ上部にデカデカと出るので鬱陶しい
・レイアウトが崩れる
・インフィード広告出したいのに出てくれない

上記のような悩みを持っていました。

少しずつアクセスも増えてきたし、手動で設定をしよう!
そう思い、手動で設定を進めるとエラーで設定できなくなってしまった。

今回はそんな方の向けにエラー回避方法を説明します。
※ロリポップでの説明になります。

 

403エラー

広告設定を進めると、下記のようなエラー画面が出現しました。
403エラー

現在、このページへのアクセスは禁止されています。
サイト管理者の方はページの権限設定等が適切かご確認ください。

サイトの管理者なのに顕現設定を確認しろと。。。
※403エラーとは、閲覧顕現よるエラーです。

本エラーは、ロリポップのWAFが原因のようです。
WAFとは、Webアプリケーションファイアウォールの略で、Webサイト上のファイアウォールです。
このWAF問題を解決するには、ロリポップのサーバーの設定を一時的に変更する必要があります。
基本的にWAFがWebサイトへの攻撃から守ってくれているのですが、Googleアドセンスを敵と間違えてしまっているのでしょうか。
※Googleアドセンス設定時の403エラーはロリポップの他、ヘムテルサーバーでも発生するようです。

ロリポップでのエラー回避方法

先ほど、WAFが原因という事が分かりました。それでは、どのような手順でエラー回避すればよいのでしょうか。
写真付きで解説をしていきます。

1.ロリポップへログイン>セキュリティ>WAF設定

waf設定

 

2.WAFを無効にする

wafを無効にする

通常は

設定状態:「有効」  設定変更「▶無効にする」

となっています。
設定変更の「▶無効にする」をクリックし、設定状態を「無効」にしてください。

以上で完了です。

あとはWordPressの管理画面でGoogleアドセンスの設定をしてください。

 

最後に、WAFの設定が無効のままだと、セキュリティが脆弱になりますので、
広告設定が完了したら、再びロリポップへ行き、WAFの設定を「有効」に戻してください。

以上で終了です。お疲れさまでした。

まとめーGoogleアドセンスの設定が403エラーで設定できない時の対処方法【ロリポップ向け】

いかがだったでしょうか。今回はGoogleアドセンスのエラー回避の方法を説明しました。
せっかくアドセンスの審査が通っても、最初の設定が上手くできないと不安になりますよね。

これでちゃんと設定できたと思います。
適切な位置に広告を貼って、しっかりと収益を伸ばしていきましょう!

最後までお付き合い頂きありがとうございました!

 

-ブログ
-

Copyright© キャリア20's , 2020 All Rights Reserved.