マインド

素直であれ ー若手社員に必要なことー

2020年5月21日

素直であれ 若手社員に必要なこと

こんな方におすすめ

  • 若手社員
  • 伸び悩んでいる中堅社員

わたしは新卒入社した会社で、
同期の中で営業成績はナンバーワンでした。

でも、実はこれと言って何もしてないのです。
お客様の方から買っていただいたのです。

心理学などの知識もありません。
それでは、そんなわたしが
なぜ同期の中でナンバーワンになれたのでしょうか。

素直であれ

新卒社員はまず、素直であるべきです。
新卒のあなたに求めることは、
これからの「成長」です。

成長の促進剤は「素直さ」です。
素直に先輩や、お客様の声に
耳を傾けましょう。

素直さの定義

そもそも、素直さと何か。

人の言うことを聞くだけでは
イエスマンです。

今回定義する「素直さ」とは、

新たな環境の中でも自己変革に積極的である

ということです。

例えば、あなたの身の回りにあるもの、
「お金」を例にしましょう。

あなたは「お金」を知っていますよね。
欲しい物を買ったり、
飲みに行ったりするものです。

お金がほしければ
バイトをして稼ぎます。

当たり前のことですね。

でも、社会人になると、
お金の意味は増えていきます。

結婚したり、家を建てるために
「貯蓄」という使い方をします。

お金を増やすために、株や投資など
「運用」という使い方をします。

自分自身のスキルアップのために、
「投資」という使い方をします。

社会に出て、初めて
まとまったお金が手に入ります。

社会という新しい環境の中で
「お金」の価値は変わります。

この新しい価値を受け止められずに
そのままだと、自己変革はできません。

知っているものでも、
新しい価値は一度聞いてみましょう。

※お金を題材にしましたが、
「儲かる」と近寄ってくる人は、
大概怪しいので、
ちゃんと調べましょうね。

知ったかぶりをするな

成長を阻害する要因は
「それ、知ってる」です。

「それ、知ってる」と思った瞬間、
成長は止まります。

あなたは本当に「それ、知ってますか?

辞書に書いてある「意味」を知っていても、
知っているという事にはなりません。

社会では、「知っている」ということは、
自分で再現性をもって
実行できることをいいます。

知っていてもできないのであれば、
価値はありません。

先程の「お金」は
誰もが知っています。

どう使うか知っているから、
価値がわかるのです。
※お金の使い方を間違っている人は
お金の価値を知らないのです。
=お金を知らないということ。

わたしが同期でナンバーワンになれたこと

わたしが新卒で入社した
会社でのこと。
研修期間が終了し、
いざ本配属へ。

そのタイミングで
前任者が退職しました。

引き継いだお客様は、
女性向けアパレル専門の
派遣会社さん。

派遣自体まだそんなに知らない、
アパレルは更に分からない。

担当者さんは最初は
不安な表情でした。

女性社員から新人の男性。
ファッションも知らなさそう。

でも初めてのお客様です。
なんとかお役立ちしたい。

質問しまくりました。

わからないことは、お客様にも、
社内の先輩にもたくさん聞きました。

全く関係ない先輩や、
何なら取締役まで
同行に引っ張り出しました。笑

どうやら、知らないことでも
すぐに調べたり、
詳しい人を連れてくる姿勢に
信頼していただいたようです。

正直、当時は
全く意識していません。
ただ、そうしようと思って
しただけなのです。

その結果、このお客様との
年間の取引金額は、
引き継ぎ時より11倍に伸びました。

社会人として成長させて頂いた
担当者さんには、
今でも感謝ばかりです。

まとめ

最後はわたしの話が長くなりました。

ポイント

・素直になる

・知ったかぶりをしない

この姿勢をもって日々の業務に
取り組んでみてください。

-マインド
-,

Copyright© キャリア20's , 2020 All Rights Reserved.