転職

転職エージェントって?対応が丁寧なエージェントは?

2020年3月30日

転職エージェントって?対応が丁寧なエージェントは?

あなたは今のお仕事に満足していますか?
今回は転職エージェントについて説明をします。

「今の仕事ってずっと続けていけるのかな?」
「もっとお給料を上げたい」
働く以上、より良い仕事があるかどうかを考えるのは当然のことです。

転職活動に一歩足を踏み入れたとしても
「一人で転職活動するのは不安」
「履歴書の書き方が合っているのかわからない」
そんな悩みも尽きないと思います。

転職エージェントとは

転職エージェントとは、企業の採用担当者と、
お仕事を探している人を結びつける仲人のような役割です。
あなたのスキルや意向を面談や書類を通して理解して、
多くの企業の中からよりマッチした企業を選んで紹介してくれます。
全国には17000事業所以上のエージェント企業がありますが、
大手に登録すれば安心でしょう。

登録から紹介までの流れ

まずは転職エージェントに登録に行きます。
事前にWebから履歴書や職務経歴書を
アップロードするケースが最近は増えているようです。

登録に行くと事前に送った書類を元に面談が進みます。
面談と言っても最後までなごやかな雰囲気です。
書類の内容の確認や志望業界などを聞かれます。

30分から1時間ほどの面談が終わると、
担当者はあなたに合った求人を探してくれます。
10社前後の求人をまずは紹介してくれます。
その場で応募するか、応募を検討するかを決めます。
ここでは必ず応募しなければいけないわけではなく、
一度持ち帰って求人票を精査することも可能です。
私の場合もその場で応募はしません。
一度持ち帰ってから応募するかどうか決めていますよ!

どうしても自分だけの考えだと業界が偏ってしまいますが、
担当者さんがあなたの経歴などを踏まえた上で、
意外な求人を紹介してくれることもあります。

転職エージェントのメリットとデメリット

転職エージェントへの登録のメリットは、
プロが客観的にあなたのキャリアのアドバイスに乗ってくれることです。
また、非公開求人の紹介、内定後の給与の交渉などもしてくれます。
登録費用はかからないないので、使わない手はないですね!
※非公開求人とは、転職サイトなど目に触れるところでは
募集をせずに特定の転職エージェントのみ紹介可能なレアな求人のことです。

わたしの場合、第一志望の企業の最終選考で落選した際に
「熱意書」の提出を提案されました。
熱意書とは、その企業への入射に対する思いを書いた文書です。
結果的に入社には至らなかったですが、そのような提案をしてもらえて、
しっかりと向き合ってもらってると実感することができました。

デメリットは、意図しない企業への入社を
推薦されることがあるということです。
転職エージェントも営利企業ですので、
エージェントにとって条件の良い企業に
入社をさせようとしてくるケースもあります。
基本的に年収の30%が転職エージェントの利益になりますので、
年収以外を重視したくても年収の高い企業を優先して紹介するケースがあります。

内定後はその会社でうまくやっていけるかどうか、
ここだけは自分やご家族でしっかりと冷静に考えたほうが良いです。

人気の転職エージェント会社

リクルートエージェント

まずはリクルートエージェントです。

リクルートエージェント

業界No.1の企業です。
私も実際に登録しましたが、なんと言ってもフォローがダントツで素晴らしいです。
履歴書の添削では本当にお世話になりました。
対応して頂いたコンサルタントの方も非常に爽やかで、安心して任せることができます。

リクルートエージェントに無料相談する

 

マイナビエージェント

こちらも業界TOPクラス。マイナビエージェントです。


 

マイナビエージェントさんも登録して活用させていただきました。
私の所感になりますが、履歴書の通過率が高い傾向にあると思います。
直接面談登録には行かず、電話登録という形だったのですが、
連絡も頻繁にいただき、お世話になったエージェントさんです。

無料ですので、ぜひマイナビエージェントへ登録して相談してみて下さい。

 

まとめ

今回は転職エージェントの説明をしました。
最近は転職サイトやハローワークなど様々な転職の方法があります。
転職エージェントは無料で登録できて、
転職のプロの視点でしっかりとアドバイスをしてもらえます。
まずは無料登録をして相談をしてみると良いでしょう!

-転職

Copyright© キャリア20's , 2020 All Rights Reserved.